新しいメンバーが増える、
見えない不満も膨れ上がる。
Honeyjobee(ハニジョビ)は、メンバーの思考特性とモチベーションタイプから退職リスクを分析し、よりよいチームマネジメントを支援するサービスです。

30日間無料トライアル

30人を超えると、
一人で管理するのは難しい

組織が急成長すると、トップがやっていたことを他の人に権限移譲する必要があります。その時にはじめて、組織を階層化しなければならなくなり、メンバーをリーダーとして育成する必要性が生まれます。

丸投げでは、
リーダーを育成できない

現場のメンバーに責任や権限を与えただけでは、優れたリーダーには育ちません。制度やルールを整えると同時に、組織づくりの経験やノウハウを学び実践させ、トップ自らが時間をかけて支援しなければなりません。

メンバーの退職リスクを
予測して対策する

メンバーへの支援には、同じ目線に立って、適切なアドバイスをすることが大切です。メンバーの内面を見える化し、思考タイプとモチベーション要因を分析すれば、退職リスクへの対策を講じることができます。

退職リスク分析が組織を変える!
現場の声を「見える化」しよう!

Honeyjobee(ハニジョビ)は
一人ひとりを「見える化」できる

メンバーの思考タイプや
モチベーション要因を可視化する

各メンバーの思考タイプと呼ばれる考え方のクセやモチベートされる要因を診断します。また、リーダーとメンバーの相性や現在の仕事との向き不向きなど、客観的な分析が可能となります。

定点観測によって退職の可能性を
事前に検知する

転職先が決まる前にその不満をケアできなければ、退職を防ぐことはできません。ハニジョビを使えば、事前に退職の可能性が高い社員を検知し、その不満の要因も見える化できます。

採用方法を直観から客観へ
変更できる

入社後のミスマッチの原因は、現場の直観的な面接に頼らざるえない状況にあるとも言えます。これまでの直観的な選考方法ではなく、配属先チームの客観的な分析に基づいた採用ができます。

Honeyjobee(ハニジョビ)を運用管理することで
組織を改善することができる!

優れたリーダーの育成が
企業を成長させる

「30・50・100人の壁」という言葉を聞いたことがありますか?私も会社の成長の過程で組織に何らかの問題が発生することは認識していました。しかし、先んじて行った数々の施策は失敗に終わり、結果1年間で社員の1/3が退職するというはめに陥りました。過去の退職者はずっと年1~2人だったにもかかわらずです。

壁とは、少人数のフラットな組織から階層化した組織にするときに起こる問題です。特に難しいのは、人事評価制度や社内ルールを整備するというハードの面ではなく、チームのリーダーを育成し、正しく人材のマネジメントさせるというソフトの面です。

正しくマネジメントするために必要なスキルとは、目標設定→ジョブアサイン→達成支援→振り返りというPDCAを回せることと私は考えますが、経験不足のリーダーほどこれができません。

「Honeyjobee(ハニジョビ)」は、この経験不足のリーダーを支援するために開発したサービスです。経験不足を補うためにデータ分析を用いることで、退職者の増加を防ぎ、メンバーのモチベーションを向上させ、チームの生産性を上げることを目的としています。

規模が急拡大している企業はもちろん、退職者が続出する組織には、ぜひとも活用いただきたいと考えています。職場環境はリーダー次第です。優秀なリーダーを育成し、魅力ある会社づくりに役立てていただければ幸いです。

株式会社ビズオーシャン
代表取締役社長
堀 貢一

ハニジョビはMDA診断によってデータ化する

明治学院大学
学長特別補佐(戦略担当)
働き方改革研究センター
センター長
伊藤 健二

MDA診断は、Motivation Decision Assessmentの略称で、「ハーマンモデル理論」と「二要因理論」の2つの脳科学理論を組み合わせた分析方法です。「Honeyjobee(ハニジョビ)」は、MDA診断によって組織改善に役立つ様々な項目をデータ化しています。

同診断は、2017年4月「全国2万人幸福度調査」PB地方創生幸福度調査検討委員会(委員長:伊藤健二 明治学院大学 学長特別補佐(戦略担当)、メンバー:リクルートホールディングス、NTTデータ経営研究所、みずほ銀行産業調査部等、事務局:パイプドビッツ)や、2018年2月「全国2.4万人働き方改革研究センター調査」働き方改革研究センター(センター長:明治学院大学 伊藤、メンバー:リクルートホールディングス、NTTデータ経営研究所、デロイトトーマツコンサルティング等、事務局:パイプドビッツ)の約5.4万人調査など、様々な調査で活用されています。

よくあるご質問

Q:トライアルプランの詳細を教えてください。
A:トライアルプランは、トライアル申込月に加え、翌月の月末(n+30日間)まで、無料で利用できるプランです。トライアルの期間中に機能の制限はありません。全ての機能をご利用いただけます。
Q:「Honeyjobee(ハニジョビ)」の由来を教えてください。
A:ミツバチの英語名である「Honeybee」が元となっています。ミツバチが花と花を結びつけて新しい種ができるように、ヒトとヒトを結びつけることで、よりよいチームや組織をつくりだしたいという意味を込めて、「Honeybee(ミツバチ)」+「Job(仕事)」=「Honeyjobee(ハニジョビ)」としました。
Q:導入することで、現場に負担がかかりませんか?
A:アンケートの回答は3ヶ月に一度、5分で完了します。様々なデバイスで回答しやすいデザインとなっていて現場のメンバーに負担はほとんどかかりません。

価格

プラン名初期費用月額費用利用可能人数候補者テスト数
パック2030,000円10,000円20人100人/月
パック4030,000円20,000円40人200人/月
パック6030,000円30,000円60人300人/月
パック8030,000円40,000円80人400人/月
パック10030,000円50,000円100人500人/月
パック12030,000円60,000円120人600人/月
パック14030,000円70,000円140人700人/月
パック16030,000円80,000円160人800人/月
※ 表示価格はすべて税抜き価格です。

社員数161名以上についてはお問い合わせください。(※最低利用期間は6ヶ月です。)